ど~も~でっかいおっさんです。

保育士には倫理要項というものがあります。


その中にこんな一文が

保育士の倫理要項
  
私たちは、研修や自己研鑽を通して、
常に自らの人間性と専門性の向上に努め、
専門職としての責務を果たします。

と言う事で保育士は研修が多いです。


おっさんが最近行った研修で最強の講師がいました。

保育士からの質問コーナーで

ある保育士が質問をしました。

『子どもが狭い室内を走り回るのは危ないので
やめさせたいが何度注意してもまったくやめないのです
どうしたらいいでしょうか? 』 

講師の先生はこう答えました。

 
  
 
  
次の人がまた質問したんです。

『色んな遊びを経験させてあげたいのですが
同じことばかりする子に対する援助の仕方を
教えてください!』 

に対して先生は

『何で他のことをさせたがるの?』

 
  
 
そして

もう一人

『クラスには多動っぽい子がいるのですが
多動の子に対して何か良い援助のしかたは
ありますか?』

に対して

『動き回りたいんなら危険がないように動き
回らせたらいいじゃない』

  
 
 

もうね


おっさんの考え方と似ていて

初めて会ったときは

度肝抜かれたね。

おっさん保育士の中では常に浮いた存在偏屈なところが
あるので講師の先生も好き嫌いが激しいんですが


この先生は保育者からも保護者からも好かれる
すごく優しい先生で

おっさんも

 
 
あぁまた研修受けたいなぁ~!!